つれっづレッツ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれっづレッツ

つれづれに綴るシンプルライフストーリー

北海道の夏フェス ライジングサンロックフェスティバル参戦レポ

f:id:kaitokei:20160815112919j:plain

こんにちはー。

 

今日はこの連休中に行った、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」(RSR/ライジング)についてのレポをお届けします。

 

ちなみに以前書いた「ジョインアライブ」参戦レポも合わせてどうぞ~。

 

kaitokei-simplestory.hatenablog.jp

 

RSRってどんなカンジ?

北海道の夏フェスといえば~? say! ラ~イジ~ングサ~ン!!

そうです、北海道を代表するフェスがRSR(ライジング)です。

日本初のオールナイト野外ロックフェスとして有名で、日本の4大夏フェスにも入っています。アメトーークの夏フェス芸人でも取り上げられていましたね。

 

今年で18回目の開催でした。ただ、以前にも書きましたが、私はジョインアライブの方によく参戦しているので、ライジングの参戦は今年で2回目です。まだまだ初心者です・・・。なので、「参戦」と言えるほどではないのですが、書かせていただきます。

 

2回目の参戦

初めて参加した昨年は、1日目のみでした。今年はどうしようかギリギリまで迷い、2日目のみにしました。

まず、なぜ今まで参戦していなかったかというと、怖かったからです。(笑)

ジョインに参戦し、だいぶフェスには慣れてきましたが、ライジングは広大な敷地にステージがたくさんあり、端から端まで30分以上歩きます。しかも土や草や石の、道のような道じゃないような場所を歩くので、相当な疲労もでるだろうし、夜通しなので体力的な心配もありました。また、北海道の気候なので、昼間の暑さと夜の寒さがとにかく大変そうでした。また、人もたくさんいるので、もみくちゃ度がハンパなさそうでした。

そういった“大変そう”というイメージがずっとあり、なかなか参戦できませんでした。

 

そんな中、昨年は見たいアーティスが1日目に集中していたことと、相方が一緒に行く気になってくれたので、1日目だけなら大丈夫かなと、やっと参戦をしました。結果、とても楽しかったです!!もちろん大変さはありましたが、あの広大な場所のいたるところにテントがあり、その回りには露店やオブジェがあり、ステージも広いし、観覧エリアも広いし、空も広い。開放的な空間でした。

 

今年は2日間とも行こうかと思いましたが、残念ながらそこまで見たいアーティストがいなかったので、2日目のみにしました。また、同じ理由で、ライジングサンは拝まずに早めの帰宅をしました。このフェスの醍醐味を味わわずに帰るなんてとエゾロッカーさんたちに怒られそうですね・・・。いかんせん、まだまだ初心者な私は装備があまり充実しておらず、軽装でした。来年はもう少し装備をきちんとしてのぞもうと思います。

 

マイタイムテーブル

ライジングはとてもありがたいことに公式アプリがあり、そこで見たいアーティスを選び、マイタイムテーブルを作れます。また、ネットを経由せずに地図や飲食店を見れるのでとても便利です。

今年はそこまで見たいアーティストがいなかったので、とてもゆったりしたタイムテーブルになりました。

 ・水曜日のカンパネラ

 ・大黒摩季さん

 ・RIP SLYME

 ・THE イナズマ戦隊

少なっ!私としてはビックリするぐらい少ないです。(笑)昨年は1日目の短い時間の中でも6アーティストを見ました。今年の当初予定でも、もう3組くらいは見る予定でした。しかしその見たいアーティスが出るステージが遠いところばかりで、暑さで動く気力がなくなり断念しました。その変わり、日陰でおいしいお酒を飲みながらまったりする時間はそれはそれで心地よかったです。

 

この中でのメインは、RIP SLYMEでした。11年ぶりにライジングに出演し、夕日の中、ヒット曲ばかりをやってくれたので、すごい盛り上がりました。だって1曲目から「楽園ベイベー」ですよ!?夕日の時間に「黄昏サラウンド」ですよ!?「One」に「熱帯夜」に「太陽とビキニ」に・・・とっても満足のセットリストでした!楽しかった~。

そして大黒摩季さんもとても良かったです!活動休止をしていて、5年ぶりに活動を再開してのこのフェスだったので、想いも相当あったようで、うるっとしながらのトークに泣きそうになりました。そしてまったく衰えることのない歌唱力と名曲に大盛り上がりでした。

水曜日のカンパネラは相変わらずステージ以外からの登場や、縦横無尽に客席を移動し、後ろの人たちにも見えるように脚立に乗っての熱唱など最高でした。北海道の地名やグルメを歌った「シャクシャイン」は大盛り上がり。

締めはイナ戦!本番前のサウンドチェックはまさかの「YMCA」と「2億4千万の瞳」でした。(笑)しかも、これまたまさかの関ジャニ∞に提供した「ズッコケ男道」を本家が歌うとは思わず、得した気分です。「応援歌」は聞きながら泣けてきたし、最後は大合唱しました。

 

来年に向けて

来年は2日間とも参戦、もしくはライジングサンを拝みたいと思っています。そのために、今年準備不足だったことを備忘録として書き出しておきます。

・イス→サンステージに拠点としてイスを置けば空き時間の休憩や夜の仮眠ができる

・敷物→各ステージに行く途中など、どこででも休憩ができる

・寒さ対策を万全に→前がきちんと閉められてフードもあるジャンパーがおすすめ。場合によってレッグウォーマーなどの足元の対策も

・ライト→夜はまっくら

・グッズを買うタイミング→だいたいいつでも混んでいるから、並ぶことを覚悟で売り切れる前に行く

・食事→すいている時間に食べるが、食べすぎると動けなくなるし、食べたいものが食べれなくなるから注意。あまり通らないところにある露店では通った時に買う

 

来年はどんなアーティストが来るかなぁ~。体力づくりをしながら1年を過ごしましょう。

 

それではまた~//