つれっづレッツ.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれっづレッツ

つれづれに綴るシンプルライフストーリー

旅行の荷物をコンパクトにする技


(c) .foto project

こんにちはー。

先日東京旅行に行ってきました。

飛行機を使っての旅行がかなり久し振りだったので、荷物に悩んでしまいました。しかも、LCCを使ったので、荷物の軽量化が必須でした。

 

kaitokei-simplestory.hatenablog.jp

 

そこで、旅行の荷物についてまとめておこうと思います。

 

荷物リスト

滅多に旅行には行かないのですが、それならば尚更リストを作っておけば毎回困ることはないと思い、スマホのメモアプリでリストを作成しました。

今回は2週間以上前から必要な物を買い足したり準備をしました。ほとんどは毎日使っているものを持っていくので、キャリーバックに入れるのはどうしても前日になってしまいますね。

私の必須アイテムはメディキュットとサロンパスです。(笑)旅行はどうしても長時間歩くことになり、しかもなれないホテルでの睡眠で疲れがとれないことも多いので、なるべく足のつかれはその日のうちにやわらげておきたいです。

 

コンパクトにする

最近は旅行といえばドライブ旅行ばかりで、たとえ荷物が多くても車に入れればあとは問題なしでコンパクトにするという意識がなかったのですが、今回は飛行機を使い、しかも量に制限があったので、試行錯誤しました。

 

①ホテルでのアメニティーチェック

ホテルによって置いているアメニティが違うので、必ず事前にチェックが必要です。今回は結婚式が行われるホテルでの宿泊だったので、ほぼ完璧にアメニティーはそろっていました。特にヘアブラシ、部屋着(浴衣)、消臭剤(ファブリーズなど)があったので、軽量化につながりました。

 

②化粧品をコンパクトに

女性の荷物が多くなってしまう要因の一つが化粧品ですよね。私はまだまだ物持ちが多く、化粧品をたくさん使っているので、そのまま持っていくには重すぎます。そこで、化粧下地、ファンデーション(リキッド)をラップに包んで持って行きました。化粧品のパッケージ(ボトル)がないのでずいぶんの軽量化とコンパクト化につながります。また、アイメイク落としはパフにしみこませこちらもラップに包んで持って行きました。どちらも当日の使用はまったく問題なく、使い終わればラップを捨ててこれるので、帰りの軽量化にもつながります。

化粧水や乳液はこの方法ができないので、100円ショップに売っている小さい容器に入れて持って行きました。

これだけでいつもの旅行用化粧品バックの半分の大きさのバックに入れて持って行けました。

 

③ボトムスを1枚にする

今回は暑い東京での1日散策があり、ボトムスを1枚にはできませんでしたが、そうでなければ、1泊2日の旅行ではボトムスは1枚で良いと思います。ホテルのアメニティーに消臭剤(ファブリーズなど)があれば、それを使って夜のうちに干しておけば次の日も気にせず使えます。

 

④服を小さく畳む

片付けコンサルタント近藤麻理恵さん(こんまりさん)の服の畳み方を参考に、コンパクトに畳み、空きスペースを確保します。

 

⑤お土産をコンパクトに

お土産はどうしても贈答用のための箱や包装紙などに入っていて、かさ張ります。自分のうちへのお土産の場合はそれらは不要なので、あらかじめ中身だけを取り出し、箱などは捨てます。

また、今回は友達の結婚式に出席したのですが、その引き出物についても同じようにしました。とてもきれいな包装はきちんと愛でて、なんだったら写真に撮り(私はそこまではしませんでしたが)、気持をありがたく受け取ったうえで、中身だけを持ち帰りました。こちらは賛否両論あるかもしれませんが、一番大事なのは気持ちをきちんと受け取ることだと私は思っています。

 

まとめ

旅行の荷物は、普段の物があふれた生活とは違い、コンパクトやシンプルを心掛けようとします。これは、普段の生活にも活かすことができると思います。

これをきっかけに、身の回りにある物を見直してみるのもよさそうです。

 

それではまた~//